バンクシーの作品が約1億5500万円で落札された直後にシュレッダーにかけられ自壊する

10月5日、ロンドンのオークションハウス「サザビーズ」で開催されたオークションに出品された、ストリートアートで世界的に有名なバンクシーの絵画「Girl with Balloon」が、約1億5500万円で落札された瞬間、自動的にシュレッダーが起動してズタズタに裁断された。

Category:
推定諸用時間 5分 Writer: Shota Yamamoto

Banksy(バンクシー)とは

バンクシー(生年月日未公表)は、イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家。

社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取る。

バンクシー本人は自分のプロフィールを隠そうとしており、本名をはじめとして不明な点が多い。2005年、自作を世界各国の有名美術館の人気のない部屋に無断で展示し、しばらくの間誰にも気づかれないまま展示され続けたことが話題となった。

wikipedia参照

落札(自壊)された作品「少女と風船」

バンクシーの作品「風船と少女」が、2人の電話入札者の競争の末、事前予想の3倍に当たる104万2000ポンド(約1億5500万円)で落札された。ちなみにこの金額は、過去に最高落札されたバンクシーの作品の金額に並ぶ額である。

「風船と少女」は、バンクシーの代表作の一つとして知られ、2002年にロンドンの街中に描かれたのが最初。

カタログによると「少女と風船」は、2006年に現所有者によってアーティストから直接購入された、と記載してある。

落札された瞬間にシュレッダーが作動

オークションの競売人がハンマーを叩いて落札が決定した瞬間に、絵画の額縁の中に仕込まれていたシュレッダーが起動て「風船を持った少女」の下半分が裁断された。

View this post on Instagram

. "The urge to destroy is also a creative urge" – Picasso

Banksyさん(@banksy)がシェアした投稿 –

バンクシーは自身のInstagramに「破壊の衝動は、創造的でもある」というピカソの言葉と共に、オークション会場で撮影された動画を投稿している。オークションで競売にかけられることに備えて、作品の中にシュレッダーを潜ませていたことを明かした。

RELATION

関連記事