現存する藤本壮介の歴代建築30作品すべて

2020年現在に現存する、藤本壮介の歴代建築30作品すべてを画像、リンクを含めて記載した。年代別に章立てされ、竣工日昇順に記載してある。

現存する藤本壮介の歴代建築30作品すべて

藤本壮介(ふじもと そうすけ) 略歴

藤本壮介建築設計事務所主宰。

JIA新人賞、日本建築大賞、ヴェネチア・ビエンナーレ第13回国際建築展 金獅子賞、他多数受賞。

賃貸空間タワー

2016年
賃貸空間タワー

HOUSE VISIONとは、企業と建築家・クリエイターが協働し「新しい住まいのかたち」を原寸大で具体化するプロジェクトです。

藤本壮介は「賃貸住宅の再定義」をテーマに、プライベートな空間を最小化し、専有空間を最大化した新しい賃貸住宅の形を提示しました。

直島パヴィリオン

2015年
直島パヴィリオン

直島パヴィリオンは、直島の玄関口のひとつである宮浦港の近くに、町制60周年を記念して設計されたステンレスメッシュによる仮設の建築物です。

Omotesando Branches

2014年
Omotesando Branches

表参道の裏道に面している4階建ての建物です。1階は店舗、2〜3階はオフィスとして使用され、4階は住居となっています。

クルンバッハのバス停

2014年
クルンバッハのバス停

Many Small Cubes

2014年
Many Small Cubes

せとの森住宅

2013年

せとの森住宅は、広島県福山市にある二階建て住宅が2戸つながった計26戸の団地(社宅)です。

斜面地に沿うように配置されており、既存のひな壇地形や石垣を残した設計になっています。

屋根から外壁まで同じステンレス鏡面仕上げで統一されているため、時間や天候により表情を変える住宅となっています。

サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2013

2013年
サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2013

サーペンタインギャラリーは、イギリスのロンドンにあるケンジントン・ガーデンズという大きな公園の中にある。

同ギャラリーでは、毎年初夏から秋にかけて仮設のパビリオンをギャラリーの前庭に展示しています。

毎年、同パビリオンを担当する建築家を世界で活躍する建築家の中から一人を選出しており、2013年に藤本壮介建築設計事務所が担当しました。

House K

House-K

屋根がテラスになっている住宅です。

市原の公衆トイレ

市原の公衆トイレ

武蔵野美術大学美術館改修

武蔵野美術大学美術館改修

House NA

House NA

ユニクロ 心斎橋店

2010年
ユニクロ 心斎橋店

大阪心斎橋にある地下1階、地上4階建てのユニクログローバル旗艦店

House Om

2010年
House Om

神奈川県横浜市にある地下1階、地上3階建ての鉄筋コンクリート造住宅

武蔵野美術大学図書館

2009-2010年
武蔵野美術大学図書館

東京アパートメント

2010年
東京アパートメント

House before House

House before House

House H

2007-2009年
House H

Final Wooden House

2006-2008年
Final Wooden House

House N

2008年
House N

House O

House O

K house

情緒障害児短期治療施設 生活棟・家族療法棟

情緒障害児短期治療施設 生活棟・家族療法棟

情緒障害児短期治療施設 体育館棟

2006年

登別のグループホーム

2006年
登別のグループホーム

T House

2005年
T House

伊達の援護寮

2004年
伊達の援護寮

授産施設

2003年

しじま山荘

2002年

聖台病院新病棟

1999年
聖台病院新病棟

聖台病院作業療法棟

1996年
WRITER
sumika
Sumika編集部のアカウントです🌿