Sekiguchi Azusa

関口あずさ

biography
経歴
2012.
多摩美術大学 絵画学科 日本画専攻 入学
2013.
グループ展 Twelve-tone「INTRO」デザインフェスタギャラリー原宿
梨花女子大学ワークショップ
グループ展 Twelve-tone「Aquarium party」多摩美術大学芸術祭
グループ展 Twelve-tone×「HASHIMOTO ART PROJECT 25×25」 杜のギャラリー
2014.
SA×SYNAPSE大賞 絵画作品展 3点が入選
2015.
アアルト大学(フィンランド)へ交換留学
グループ展「Whose work is next?」Galleria Pysäkki 3022, Hämeentie 72 D, Helsinki
グループ展「Kevätsalonki-Spring Exhibition」Galleria Atski, Hämeentie 135, Helsinki
グループ展「SPACE INVADERS III – Aesthetically tolerable / Taking over Otaniemi」
「Aalto ARTS Kamppi – projekti」カンピ駅でのグループワーク
2016.
東京五美術大学 連合卒業・修了制作展 国立新美術館
多摩美術大学 絵画学科 日本画専攻 卒業
TOKYO DESIGN WEEK 2016 写楽インスパイア展 選出・作品展示
2017.
公募展「第2回みんなのアンデルセン展」狭山市立博物館
日本・デンマーク国交樹立150周年記念「アンデルセン展」川崎市市民ミュージアム
statement

私は面白いことが好きである。

コンテンツでも、人との関わりでも、日常生活に起こりうるどんなことに対しても「ユーモア」が一番だと考える。

その「ユーモア」はまた、自分が作品を制作する際、常に取り入れている要素である。

どれだけ自分が暗い気持ちだったり、悲しい心持ちであったりしても、自分から生み出されるものは常に明るい作品である。

もしかすると、制作が自分を楽しませているのかもしれない。

今度は、鑑賞してくれる人も楽しませたい。

だからどこかに「ユーモア」を取り入れる。

今日も誰かに面白い、と思ってもらえるよう、作品のあり方を模索している。